浅草の鉄板焼き系すてぇき屋すきずきで食す初物〝初鰹〟

2019/03/11

「目に青葉 山ほととぎす 初がつお」

江戸中期の〝山口素堂〟という俳人が、

春から初夏にかけて江戸の人々が最も好んだものを詠んだ句

江戸っ子は初物が〝粋の証〟だと好み

何より生気がみなぎって新たな生命力が得られる

そして寿命が延びると珍重した

中でも、鰹は江戸時代極めて高価だったのにもかかわらず

江戸っ子は初夏に出回る〝初鰹〟をとても好んだ

「まな板に 小判一枚 初鰹」

と〝宝井其角〟という俳人が詠うほどだったとか

回遊魚である鰹は初夏の頃、

黒潮にのって南方から太平洋を北上する〝初鰹〟

9~10月頃、秋の水温の低下に伴って

三陸沖から南下する〝戻り鰹〟がある

〝初鰹〟は脂身が少なくあっさり

〝戻り鰹〟は餌をたっぷり食べているので脂がのっている

どちらも甲乙つけがたい

年々、旬の時期が早まっている〝初鰹〟

江戸っ子の好む初物をいち早く召し上がれ