浅草の鉄板焼き系すてぇき屋すきずきで愛でる秋

2019/09/09

今年の中秋の名月は9月13日

〝中秋の名月〟にはつきを眺めてお供え物をする習慣がありますが

これは平安時代に中国から伝わったと言われているそうです

お月見にススキ、お団子はつきもの

お団子は中国の〝月餅〟にならったもので普通の年は12個、閏年は1つ増やして13個

現在は十三夜に13個、十五夜に15個を供えるということです

月見団子を食べるのは、団子が月と同じように丸く、欠けても満ちる月を生や、不死の象徴を与えて愛してた名残からそれを食べることで健康と幸せが得られるという考えに基づいてるそうです

〝すすき〟を飾るのは稲穂の代わり

子孫や作物の繁栄を見守ってくれる月の神様が下りてきて、ススキに乗り移ると考えていたとか

お月見は秋の収穫祭の意味合いもある為、神様に豊作のお礼をする大切な行事でもあったそうです

すてぇき屋すきずきでは秋の収穫に感謝して

〝松茸の土瓶蒸し〟〝セリのおひたし〟〝水ナスの浅漬け〟

年々減少している、味覚の王様〝新さんま〟

10月に入るときのこなど

いろいろな秋の味覚を御用意しています

お月見を楽しみながら秋の収穫祭、祝ってください