浅草の鉄板焼き系すてぇき屋すきずきで春を感じる生とり貝

2020/03/09

〝とり貝〟という名前は食用となる足の部分が鳥のクチバシのように紫がかった黒色なので〝とり貝〟と呼ばれるようになったとか

生のとり貝は、柔らかくてフンワリしていて、歯ごたえが良いのが魅力

ボイルしたとり貝とは全く違う食感

美味しいだけでなく、神経を正常に保ったり、貧血の予防になったり、動脈硬化の予防になったり

旬の味、食感を楽しみながら健康にを気遣う事ができる優れもの

この時期ならではの〝生とり貝〟

春を感じてください