浅草の鉄板焼き系すてぇき屋すきずきで楽しむ〝八代目佐藤養助稲庭うどん〟

2022/09/26

皆さんご存知の〝稲庭うどん〟は秋田県南部、稲庭地方の手延べ製法による干しうどん

香川県の〝讃岐うどん〟長崎県の〝五島うどん〟群馬県の〝水沢うどん〟富山県の〝氷見うどん〟と並ぶ日本五大うどんの一つ

ひやむぎより太く、やや黄色がかった色をしていてうどんというよりも〝そうめん〟に近い麺

打ち粉としてデンプンを使うことや、平べったい形が特徴でひねりながら練るという独特の製法によって麺に気泡ができ中空になっている

抜群の〝コシ〟と〝滑らかさ〟の理由はここからきているのです

すてぇき屋すきずきでは今やとても有名になった〝八代目佐藤養助稲庭うどん〟を出汁がきいた付けダレに大根おろしと薬味を入れてツルツル―ッと召しあがっていただきます

喉ごし最高の〝稲庭うどん〟は夏の暑~~い時期はもちろん

真冬の時期、〝釜揚げ〟や〝きりたんぽ鍋〟の〆にして楽しんでいただけます

まだ夏の暑さが続く今の時期、〝稲庭うどん〟いかがですか?